2008年11月21日

PET検査に行って来ました

先月のお話なのですが、PET検査に行ってきました。
体験談として、ここに書き留めておきます。

PET検査とは、MRIやCTスキャンのみでは発見できないような
ごく小さな腫瘍を発見する事が出来る、検査方法です。

欧米では、腫瘍が疑われたらまずPET検査、というほど普及しているのですが
何故か日本ではなかなか普及していないらしいです。

情報元:PET検査ネットhttp://www.pet-net.jp/


スティッフパーソン症候群は、傍腫瘍性神経症候群のものもあると言われてますので、出来ればやっておきたい検査の一つです。
費用は、保健適用前で10万円程度かかります(3割負担で3万ほど)。高いです。
大学病院等でも、まだまだ導入は進んでいないらしく、私のかかりつけの病院にはありませんでした。
そこで、PET検査施設のある、検査専門の病院でやることになりました。


当日の流れ。

まず事前の準備として、FDG(フルオロ・デオキシ・グルコース)という薬を、静脈から少量入れます(1cc未満!?というぐらい)。
これは、ブトウ糖のようなもので、副作用やアレルギーの心配は、まったく無いそうです。
入れた後、1時間ほど安静にしています。この間に、全身にFDGが回ります。

気をつけなければいけないのは、運動をすると、そこにFDGが集まってしまうことです。
そうはいっても、SPSでは、痙攣や筋硬直がどうしても出てしまいますから、検査に影響があるのでは?と少し心配していたのですが、セルシン(ジアゼパム)を早めに飲んでいたおかげか、結果からすると、検査は問題なく行えました。

検査時には、MRIと同じようなドーナツ状(円筒形)の装置に入って、撮影を行います。

実は、私にとってMRIは、大きな音で不随意運動(のけ反り)が誘発されてしまうため、とても苦手な検査です。
そこで、念のために耳栓を持っていったのですが、PET検査の音は、MRIに比べると、ずっとずっと静かでした。


撮影が終了し、その後30分ほど安静にしています。

3時間ほどで検査は終了し、後日、主治医から検査結果を聞くことになります。
今回は、検査結果としては問題は見つかりませんでした。

PET検査をやってみて、検査自体は。時間がかかることぐらいで、とても楽なのですが、検査の都度に
他病院に行く事を考えると、費用も手間もかかるので、疾病によっては、かかりつけの病院選びの際に
PET検査施設があるかないか?で判断するのもありかな、と思いました。

「疑わしければ、まずPET検査」、日本でも早くそうなるよう、施設が普及して欲しいです。


あと、SPSまとめサイトってどこにあるの?検索で出てこないよ、と言われたので
また、リンクをしばらくの間、貼っておきます。

「スティッフマン症候群(スティッフパーソン症候群) まとめwiki」
http://health.p-wiki.jp/stiffman/

情報に間違い、足りないもの、更新されたもの等がありましたら、コメントやメールで教えていただけると、嬉しいです。


posted by ひで at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 検査結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひでさま。客観的なレポート作成の冷静さに共鳴してしまい、書かせて頂いております。私もまたもや入院中なのですが、PET陰性でした。その後、「稀に『シンチグラフィー』なら腫瘍が見つかる」とのことだったのでやってみましたが、それも陰性でした。後者は、「もしかしたら」の話として教えて頂いので、先ずはPETですし「負担が大きい中、PET陰性なら、無理にしなくてもよいかも知れない」という印象を(素人の浅はかな印象ですが)受けました。

ところでひでさんも科学評論社の『神経内科』をご参考にされたようなので、ご存じかも知れませんが『BRAIN MEDICAL』の2008年9月号(季刊)がSPSを取り上げていることをご参考までに捕捉させて下さい。但し、引用中心で、セルシンなどの耐用量以外には新しい治療の参考にはなりませんでした。とはいえ、この病気を取り上げてもらって頂いていることには、感謝しないといけないと信じています。
しかし医学関連書は高いので、患者にとっては買うのも勇気がいりますよね・・・。
今後も色々と教えて下さい。
Posted by samsa at 2008年12月03日 22:57
>samsa 様

書き込みありがとうございます。
(ご依頼の件は、修正しておきました。)
入院治療中との事で、お忙しい中にもかかわらず、前回のリツキサンの治験情報に引き続き、雑誌掲載情報をいただき、大変助かっています。

「シンチグラフィー」については、初耳でした。
PET検査では不可能な部位の検査(肺、肝臓、腎臓など)を、カバー出来そうですね。
勉強になりました。

『BRAIN MEDICAL』の2008年9月号には、まだ目を通していないので、早速探してきて読んでみようと思います。

・BRAIN MEDICAL 20/3 2008年9月号「Stiff-person症候群」
http://mbc.meteo-intergate.com/bookcenter/public/item/mbc/item31695.html

SPSまとめページの文献一覧も(wiki)いただいた情報から、更新しました。

・SPSまとめページの文献一覧
http://health.p-wiki.jp/stiffman/index.php?%BB%B2%BE%C8%CA%B8%B8%A5

SPSを取り上げていただいているだけでも、にはまったく同感です。
それと確かに、医学関連書は高いですよね・・・。
全ページを読むわけではないので、個人で買うのはもったいない気がして、なかなか買えません。

こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by ひで at 2008年12月03日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック