2008年07月12日

免疫吸着療法による抗GAD抗体の吸着率

1回目の免疫吸着療法(血漿吸着療法)後の採血結果が出ました。

・抗GAD抗体

 6/17 76000 (治療前)

 6/30 1回目の免疫吸着治療

 7/3 41900 (1回目の免疫吸着から3日後に採血しました)


約4割の吸着率だったことになります。

IVIGによる治療でも、3割ぐらいとの報告が多いですから、1回で同程度の吸着率が得られた事になります。

単純に、抗体の減り幅だけでは、治療方法を比べる事は出来ませんが
報告例が無いだけに、抗GAD抗体を取り除くために、イムソーバTR350によって免疫吸着療法を行う場合の、1つの目安になるのではないでしょうか。




posted by ひで at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック